つらいあそこの臭いとお別れしよう|専用のソープで対策

ウーマン

コンテンツ一覧

常在菌が原因になる

女性

デリケートゾーンの臭いやかゆみの原因の一つがカンジタです。これは女性の膣にいる菌が繁殖したときに出る症状です。パートナーにうつす可能性もあるので、婦人科で検査や治療をしてもらいましょう。

詳細を確認する

治療の方法

女の人

デリケートゾーンで気になるのが小陰唇の大きさです。ここが肥大していると下着と擦れて痛くなることがあるのです。婦人科形成クリニックでは肥大した小陰唇を縮小する手術が行なわれています。

詳細を確認する

雑菌の繁殖を抑える

ウーマン

多くの女性が生理中に気になってしまうのがあそこの独特な臭いです。ツンとするあの独特な臭いが自分の周囲に漂っていないか、気にしている人は少なくありません。なぜ、あそこはこのように独特な臭いがしてしまうのでしょうか。あそこが臭う原因はいくつか考えられ、その1番の原因となるのが雑菌の繁殖によるものです。雑菌自体が臭いを出しているというわけではなく、それらが老廃物を出す課程であの臭いが出ているのです。雑菌は皮膚の表面で尿や垢、月経の血液やおりもの、汗などを栄養にして繁殖していきます。この繁殖を防ぐためにはあそこをいつも清潔な状態にしておくことが大切になるでしょう。雑菌の他に、おりものの臭いが強くなってしまうということもあります。膣に入る雑菌を防いでいるおりものは酸性で通常でもすっぱい臭いがするのです。それが、生理や排卵の時期になると量や臭いの質が変化してしまうので、あそこの臭いの原因になるのです。生理中のナプキンも蒸れを引き起こし雑菌を繁殖させ悪臭の原因になることがあります。これら原因であそこが臭う場合、まずは専用のソープで清潔な状態を保つようにしましょう。

あそこに使うことができる専用のソープは、普通のボディーソープよりも肌に優しく作られています。そのため、雑菌や汚れだけを落として、常在菌や肌のバリア機能を残すことができるのです。ボディーソープの場合はそれらが残らず、ダメージを受けやすい状態にしてしまうのでかゆみやかぶれ、悪臭の原因になってしまいます。専用のソープを使ってあそこの状態を守りながら清潔にすることが改善の一歩でしょう。また、症状が酷い場合は婦人科で膣洗浄を行なうこともできます。

デリケートゾーンの悩み

レディー

デリケートゾーンはトラブルが起きやすい部分です。椅子や自転車に乗っていて下着と小陰唇が擦れるという場合は小陰唇肥大の可能性があります。それで悩む場合は婦人科形成クリニックで相談しましょう。

詳細を確認する